トップページ > 島ざかな > 魚図鑑

魚図鑑

—神津島を代表する魚—

白身の魚で、旬は秋から春だが特に冬ものは脂がのっている。濃いめ味の煮付けが美味。焼物のほか、鍋の材料など何の料理にも向く。新鮮な島内産は刺し身で非常に美味しい。

漁獲時期:
通年
漁 法:
一本釣り



神津島で捕れるその他の魚種

いわゆる「白身魚」として多く市場流通している。見た目とは裏腹に実に味わい深い魚で、淡白で上品な中に脂がのり、刺身、焼物、照り焼き、煮付けなど、どのように料理しても万能。

漁獲時期:
通年
漁 法:
一本釣り



神津島で捕れるその他の魚種

独特の身ばなれの良さと脂ののった味わい深さは他の魚での代用が効かない。新鮮なものは刺身が絶品だが、照り焼き等色々と使える。

漁獲時期:
通年
漁 法:
一本釣り



神津島で捕れるその他の魚種

夏の伊豆諸島(特に北部)の代表格。一般にはあまり流通しておらず、身はやや小ぶりだが味は白身魚のイサキと青魚のマアジを併せたような味わいで非常に美味しい。

漁獲時期:
7 ~ 9 月
漁 法:
建切網、定置網



神津島で捕れるその他の魚種

一般的には”ケンサキイカ” と呼ばれているが鮮度の良い物は鮮やかな赤い色をしているので伊豆諸島ではこう呼ばれる。甘みのある味と弾力のある肉質に定評がある。

漁獲時期:
4 ~ 7 月
漁 法:
一本釣り



神津島で捕れるその他の魚種

夏は”夏トビ” の地方名で呼ばれるが一般にはほとんど流通されない。さっぱりした白身魚なので、刺身やたたきなどで賞味されるほか、くさやの干物にも加工される。

漁獲時期:
6 ~ 8 月
漁 法:
刺網



神津島で捕れるその他の魚種

伊豆の夏を代表する魚で大きい物は40 ㎝に達する。産卵前の初夏が旬であり、大きい物は刺身、小さい物は塩焼きが好まれ、唐揚げ・煮付け等どんな料理にもよく合う。

漁獲時期:
5 ~ 9 月
漁 法:
建切網、定置網



神津島で捕れるその他の魚種

茹で上げたときの鮮やかさと歯ごたえのある身の締りには定評があり、神津島のイセエビと言えば市場では一目置かれるほど。

漁獲時期:
11 ~ 3 月
漁 法:
刺網



神津島で捕れるその他の魚種


水産物の特徴
神津島の水産物の特徴についてはこちら。
漁法紹介
どんな方法で魚を捕るのか知りたい方はこちら。
水揚データ
年間の水揚データはこちら。

このページのトップへ戻る