トップページ > 島ざかな > 水産物の特徴

水産物の特徴

なぜ魚があつまるのか。―神津島沖の海底と海流が魚を呼び寄せる。

それはさながら魚があつまる天然の大仕掛け。
神津島は火山活動によってできた島のため、神津島沖近海は大部分が岩礁からなり、複雑で急峻な海底地形をなしています。そして沿岸には温暖な黒潮が豊かに流れています。
このため、神津島沖近海は暖流性魚類の好漁場です。
主なものとして、回遊性魚類のカツオ・シマアジ・トビウオ・カンパチ・ヒラマサ、岩礁性魚類のタカベ・イサキ・メジナ、深海性魚類のキンメダイ・メダイ・ムツ、磯根資源のサザエ・イセエビ、その他イカ類、テングサ・トサカノリが多く水揚されます。

いかに鮮度と質を保つか。―日帰り操業によって鮮度と質を確実に保持する。

漁場から日帰りで帰ってこられる距離にある。これが確実に鮮度と品質を保持できる所以です。
その日に揚がった魚を、その日のうちに陸揚げし、その日のうちに締める。こうすることで魚を一番いい状態で保持することができます。
さらに、神津島の多くの漁師が営んでいる一本釣り漁法は網を使わないため魚を傷つけることなく扱うことができます。
そして、夏季限定で営む定置網では、活き締め・神経締め・氷締めを丁寧に施すことで最高の状態で魚をお届けしています。

いかに旨い状態で届けるか。―漁師が直送することで最短でお届けできる。

釣った漁師だから、魚を一番いい状態で届けたいと思う。
神津島の漁師は、お届け先と丁寧に交流を図りながら、お届け先の方々の顔を思い描いて、一つ一つ直送でお届けしています。
このためお届けする一つ一つに漁師の思いが寄り添っています。これが味に深みを与えるのです。
また、神津島で一番の漁獲を誇るキンメダイは、地キンメと呼ばれる脂が程よくのったキンメダイです。この“地キンメ”がお届け先の方々の舌を楽しませてやまないのです。

魚図鑑
神津島で捕れる魚一覧はこちら。
漁法紹介
どんな方法で魚を捕るのか知りたい方はこちら。
水揚データ
年間の水揚データはこちら。

このページのトップへ戻る