トップページ > 島めぐり

島めぐり

場所名をクリックすると各説明にジャンプします。
(下線の場所名はマウスをのせると画像が表示されます)

島めぐりmap 長浜 神津島港 前浜 多幸湾 空港 赤崎遊歩道 トロッコ遺跡 どんたくハウス 阿波命神社 温泉保養センター 天上山 えんま洞 竜神様 漁協 まっちゃーれセンター よっちゃーれセンター 物忌奈命神社 濤響寺 流人墓地 日向神社 多幸湾名湧水地 ジュリアの十字架 灯台 恩馳島 祇苗島
 
 

赤崎遊歩道

赤崎遊歩道 海岸沿いに作られた木製の遊歩道は、神津島の象徴としてポスターやガイドブックによく登場します。飛び込み台から碧い海にダイブしてみては?
 

トロッコ遺跡

トロッコ遺跡 かつて神津島には、神戸山から切り出した抗火石を運搬するトロッコが走っていました。昭和30年頃に閉鎖されましたが、今でもトロッコ橋や車輪などの名残があり、独特のノスタルジアを醸し出しています。
 

どんたくハウス

釣った魚を浜辺で焼いて食べることを、神津島の言葉で「どんたく」と言います。施設内には炉やテーブルがあるので、食材と炭だけ用意すればOK。すぐにおいしいバーベキューを楽しめます。
 

阿波命(あわのみこと)神社

阿波命(あわのみこと)神社 三嶋大社・事代主の本妻、阿波命を祀る神社。霊験あらたかな神社として定評があり、本当に叶えたいお願い事をすると叶えてくれるそう。いわゆるパワースポットと言えるかもしれません。

このページのトップへ戻る

温泉保養センター

温泉保養センター 室内の大浴場のほか、水着で入る混浴露天風呂も。
満天の星空の下、波の音に耳を澄ましゆったり湯に浸かるのは最高の気分です。
 

天上山

「日本花の百名山」に選ばれた山。標高572mの低山ながら、砂漠や高山植物、季節によって現れる池など多様な表情を見せ、観光客を魅了してやみません。
 

えんま洞

微笑を浮かべた珍しいえんま様がいる、小さな洞窟。「えんまと言えば憤怒の相」となったのは近世になってからなので、古い時代に作られたものと思われます。
 

竜神様

竜神様 神津島港内の神木という岩場にある小さな社から海と港を眺め、漁民を守っていると古くから伝えられています。
 

漁協

漁協 市場は朝と昼の二回。タイミングが合えば、漁を終えて帰ってきた船の水揚げを見ることができるかも?

このページのトップへ戻る

まっちゃーれセンター

まっちゃーれセンター 神津島客船ターミナル。島で唯一、無線LANが無料で使える場所です。
 

よっちゃーれセンター

よっちゃーれセンター 1階は海産物の加工品販売所、2階は海鮮料理レストラン。神津島の美味しい島ざかなを味わうなら、まずはここへ。
 

物忌奈命(ものいみなのみこと)神社

物忌奈命(ものいみなのみこと)神社 神津島の鎮守神である物忌奈命を祀る神社。境内に続く階段から振り返ると、木々の向こうに鳥居と海が見え、「島の神社」ならではの雰囲気を漂わせています。

このページのトップへ戻る

濤響寺(とうこうじ)

濤響寺(とうこうじ) 島の菩提寺。白い砂地に色鮮やかな供花が映え、見る人を敬虔な気持ちにさせます。
 

流人墓地

流人墓地 島流しとなった者たちが眠る墓地。神津島は思想犯・政治犯の流刑地だったそうで、おたあジュリア、不受不施派の僧、絵島生島事件関係者の中村清五郎などが流されたと言われています。
 

日向(ひゅうが)神社

日向(ひゅうが)神社 物忌奈命の弟神を祀る神社。木々に囲まれた細い山道を登った先にひっそりと鎮座されています。
 

多幸湾名湧水地

多幸湾名湧水地 多幸湾の海岸沿いにあり、絶え間なく水が流れる湧水地。神津島の水の美味しさには定評があり、東京名湧き水57選に選ばれるほどです。

このページのトップへ戻る

ジュリアの十字架

ジュリアの十字架 禁教令によって神津島に流刑となったキリシタンの女性、おたあジュリア。この十字架は、島民のために尽くした彼女の道徳心の高さを偲んで建てられました。
 

灯台

灯台 昭和26年に完成。洋上を明るく照らし、漁業者や行き交う船の安全を守っています。
 

恩馳島(おんばせじま)、祇苗島(ただなえじま)

恩馳島(おんばせじま) 島文化の「言い伝え」をご覧ください。
(←恩馳島)
 

このページのトップへ戻る